疾患解説

痛風・高尿酸血症

痛風(痛風性関節炎)

 8mg/dl以上の尿酸値が数年以上続くと、足首や足の指に疼痛を伴う発赤・腫脹が起こりやすくなります。これを痛風発作、痛風性関節炎と言います。発作中に高尿酸血症の治療を開始すると痛風発作を誘発しますので、当初は痛みの治療のみ行い、治まったら高尿酸血症の治療を行います。

高尿酸血症の原因

 大きな原因は遺伝素因で、体重増加(肥満)、アルコール飲料の多飲、美食によるプリン体多量摂取などが続きます。ビールはだめで焼酎は良いといったことは無く、アルコールそのものの多量摂取が原因となります。

合併症

 痛風発作を起こす頃になると腎機能低下や腎結石も出現します(痛風腎)。また、高尿酸血症を引き起こす生活を長期に続けると、肥満、高脂血症、糖尿病、高血圧などが合併しやすくなり、脳卒中、心筋梗塞などに注意が必要です。

高尿酸血症・痛風の治療

 内服治療と生活習慣改善につとめて、尿酸値が7mg/dl未満にして合併症を抑えます。適切な内服治療とともに美食と飲酒を控え、野菜中心食にします。痛風性関節炎が治ったら、すべて治ってしまったと勘違いして内服治療を中断する人が多いので要注意です。当院では痛風発作・高尿酸血症の治療を通じて脳卒中、心筋梗塞などの予防もサポートします。